千草咲く

春の野はときめき、夏の野は草いきれ、そして秋の野は麗しい。
黄金色に頭を垂れた実りの風景や、小川の縁や、野辺の原に群れ咲く千草に癒されて、
秋の野をそぞろ歩きます。秋色の風に肩を抱かれながら…

a0379133_00482817.jpg

休耕田となった草原には、遠い日の思い出をまき散らしたように、
ミゾソバとツリフネソウが咲いていました。

a0379133_00492144.jpg

ちいさなピンクのミゾソバは、大好きな花です。ついついシャッターを押してしまいます。


a0379133_00525832.jpg


a0379133_00522003.jpg

小さなハチが飛んできました。


a0379133_00500302.jpg

a0379133_01055900.jpg

昨夜の雨が葉先に残って玉のような露となって輝きます。

a0379133_00541936.jpg

a0379133_00550153.jpg

ツリフネソウも雨の雫を溜めています。


a0379133_00560455.jpg




a0379133_00553443.jpg


可愛らしい案山子が見守る田圃です。


a0379133_00571067.jpg

a0379133_00582517.jpg

黄金色に実っています。風が吹けばゆらゆらと…


a0379133_01033049.jpg


森影には、ヤマハッカの薄紫の小さな花が咲いていました。


a0379133_00563433.jpg

小道にはアザミの花が大株で咲いていました。


a0379133_00585596.jpg

蕾のフォルム  1  


a0379133_00592545.jpg


蕾のフォルム 2


a0379133_00595525.jpg

秋日指す方へと


a0379133_01030051.jpg

リュウノウギクでしょうか?


a0379133_01003005.jpg

こちらはシロヨメナでしょうか


a0379133_01010065.jpg

a0379133_01013732.jpg

a0379133_01023022.jpg


キンミズヒキにシロヨメナ、つゆ草が咲き競う


a0379133_01053096.jpg

つゆ草の青は目が覚めるようで、わたしは「朝へのくぐり戸」って呼んでます。


a0379133_01050065.jpg


小粒の赤い実はコバノガマズミでしょうか?


a0379133_01043091.jpg

いち早く色づいた赤い葉

a0379133_01040052.jpg


イラクサの上に舞い降りた青い蝶はヤマトシジミさん


a0379133_01063012.jpg

赤いポールにとまっていたのは、キボシカミキリ


a0379133_01070081.jpg

色とりどりのコスモスは美しい


a0379133_01073075.jpg

a0379133_01080082.jpg

a0379133_01083057.jpg

そして、「天上の青」という朝顔の花


a0379133_01094705.jpg

ヘブンリー・ブルー「天国の青」とも言うらしいです。

a0379133_01101644.jpg

本当に美しいブルーです。


a0379133_01105914.jpg

空へと駆け上るような大輪の花、見事な垣根でした。
このアサガオの蒼い色をこころに染めて、秋の里山を後にしました。


a0379133_01113000.jpg
                     武蔵五日市:横沢入りにて

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kazetatinu-h | 2017-10-29 01:40 | 里山 | Comments(0)

草紅葉が色づき始めたある日、湿原の奥の小さな木のベンチに風が座っていました。遠い日の記憶を呼び覚まして…


by sizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31