青梅宿 津雲邸



昭和の街青梅に、津雲邸という美しい木造建築の建物があります。
この建物は青梅出身の代議士、津雲國利氏:明治26年-昭和47年(1893-1972)の私邸でした。
津雲氏は、昭和3年より22年間衆議院議員として活躍されたそうです。
この建物は昭和6年~9年にかけて建造され、京都の宮大工を招き、青梅の大工、石工、畳職などとの
協働により建築された純和風の建物で、随所に職人が技巧を凝らし贅を尽くした建築物だそうです。
(津雲邸HPより)

a0379133_10174954.jpg

この建物は、2014年11月1日まで、50年近い年月を閉ざされたままでした。
素晴らしい建物であると同時に、津雲氏が収集された歴史的にも貴重な文化財が眠ったままでした。
これらの貴重な文化財に光を当てるべく、津雲氏の孫であるご家族が私財をかけて公開を決断されました。
いつも街歩きをしながら「立派な建物だなぁ、中を見せていただきたいな」と思っていたわたしは喜び勇んで
開館された津雲邸に足繁く通わせていただきました。


a0379133_11011438.jpg


a0379133_11014688.jpg


a0379133_10171203.jpg



雛祭展、幕末維新展、江戸の浮世絵展、屏風展、日本画とお道具展、幕末から明治への英傑たちの書簡展など
工夫を凝らし、素晴らしい展示会を開催されています。

ご主人様、奥様をはじめ、解説員のHさんは、文化財や史実への造詣も深く、時代考証もしっかりと勉強され、
美術品や文化財と共に、その展示物について深く掘り下げ解説してくださいます。
また、歴史上の人物の人となりまで彷彿とさせてくれるようなエピソードなど思わず引き込まれてしまいます。上品で穏やかなお人柄も相まって、お話を伺うのも楽しみで展示会ごとに伺わせていただいています。

今は、美術品の保護の観点から撮影は禁止されていますが、最初の頃、撮らせていただいた貴重な写真を
載せさせていただきます。(現在は撮影禁止ですのでご了承ください)

リアルで迫力ある役行者象、茶室の前に鎮座していました。


a0379133_23280952.jpg



美しい茶室の佇まい、障子の桟に注目してください。竹の節の部分が使われています。


a0379133_11101957.jpg



雪見窓の美しさ、竹を編みこんだ建具も素晴らしいです。


a0379133_11113809.jpg



大正ガラスと呼ばれ、手拭で作られた板ガラスを使用した窓ガラスは、厚みが均一ではないため
ゆらゆらと歪んだように見えるのが特徴です。現在ではほとんど作られていない貴重なガラスです。
廊下に映った影も素敵です。

a0379133_11120818.jpg



明かり取りの欄間も大変手の込んだ造りになっています。


a0379133_11125909.jpg



最初の頃はこのような会議室になっていましたが、現在はメインの展示場になっています。


a0379133_11475815.jpg


美しい火打窓の前に置かれた古い置時計



a0379133_11483489.jpg



孔雀と椿が描かれた掛け軸


a0379133_11492228.jpg



犬の置物(香炉?)は、子孫繁栄のお守りとして嫁ぐ娘に持たせたものだそうです。


a0379133_12180160.jpg



片口の陶磁器、陶磁器の事は良く判らないのですが気品を感じます。



a0379133_11504385.jpg



この屏風は大変貴重なものだそうです。作者は忘れましたが、
たしか国立博物館所蔵の屏風との対になっているとお聞きしたような気がします。



a0379133_23483385.jpg


屏風絵も掛け軸も四季折々に展示してもしきれないほど所蔵されているそうです。


a0379133_23485023.jpg



a0379133_23465440.jpg


たおやかに風に揺れているような秋桜を描いたこの屏風絵は本当に美しいです。


a0379133_23474753.jpg


可愛らしいお姫様が描かれた掛け軸です。


a0379133_00041994.jpg



浮世絵も何点も所蔵されています。江戸情緒漂う感じです。


a0379133_00040845.jpg


調度品も美しく、漆塗りの小箪笥に施された螺鈿と金蒔絵のこの作品は素晴らしいです。


a0379133_23480783.jpg


巨木をくり抜いた火鉢に施された菖蒲の絵も螺鈿と金蒔絵です。



a0379133_23475858.jpg


二階のお部屋からは、景色が良く、昔は多摩川の流れも見えたそうです。


a0379133_23501731.jpg



a0379133_01182548.jpg



この障子戸に施された鳳凰の彫刻と、桟の美しい細工が見事です。


a0379133_23514822.jpg



欄間の細工も美しいです。


a0379133_23540816.jpg



津雲家の家紋は蝶だそうで、色々な所にモチーフとして描かれています。


a0379133_23534536.jpg



中庭を挟んだ茶房の瓦屋根が美しいです。



a0379133_23512784.jpg


a0379133_11123760.jpg



何気なく置かれた古い箪笥に福助の置物、昭和を感じさせますね。


a0379133_00030251.jpg



a0379133_11111741.jpg


茶房は煤竹の天井が演出する和室と洋室の2部屋があります。


a0379133_11111851.jpg


ゆったりと落ち着いた和室でいただく抹茶、お盆も金蒔絵が施された美術工芸品です。


a0379133_11105950.jpg



細い格子戸がとても気品があり、光が和らいで映ります。



a0379133_23551789.jpg



この日は昭和初期の珈琲カップで淹れていただきました。
ワイン色の流線型の模様が美しいカップ&ソーサーでした。


a0379133_11111784.jpg


和室の茶房で珈琲をいただいた時の写真です。
模様が透き通って見えるカップ&ソーサーに窓の外の光が映りこみ美しかったです。


a0379133_23555049.jpg


奥様がお作りになるシフォンケーキはとても美味しいくて、わたしはファンです。
その都度、カップを選んで淹れてくださる珈琲も最高です。
伺う度に、いつもお心遣いをいただき、本当にありがたく思っています。


a0379133_23561819.jpg


お花を生ける奥さまのセンスを感じて癒されます。


a0379133_00045776.jpg


青梅宿 津雲邸、青梅にいらっしゃったなら、ぜひ訪れてみてください。
金・土・日の開館ですが、一つの展示が終ると、作品の入れ替えで休館になる時もありますので
HPでご確認の上、いらっしゃってくださいネ。

青梅宿 津雲邸 (HP)

a0379133_11112682.jpg


Commented by モナリザ スマイル at 2017-11-08 15:50 x
こんにちは、モナスマです。新しいブログ「風立ちぬベンチ」も、素晴らしいお写真と記事で始まりましたね。FBも良いですが、ブログの方が読みごたえがあってsizukuさんの魅力が溢れています。
と、言いつつご無沙汰の限りで申し訳ございません<(_ _)>
津雲邸、細工が施された建具や時代を感じさせる調度品の数々、また訪れてみたくなりました。
和室で戴くお抹茶も味わってみたいです。
お忙しいのは重々承知致しておりますが、ブログ楽しみにしております・・・。
Commented by kazetatinu-h at 2017-11-09 11:42
モナスマさん、コメントありがとうございます。最近、なかなかブログが更新できずでしたが、
やっと新ブログに移行しました。ブログの方が読みごたえがあるって言っていただけありがたいです。
長い文章を読んでくださり、たくさんの写真を見てくださっている方々に感謝です。
最近はFBで新しくて興味を引く情報を提供する、と言うのが時代の流れと言う感じですよね。
わたしのように、読むのに時間が掛かるような記事は敬遠されると思います。
自分でも時間がないから、以前のようなブログの交流も無くなってしまいました。
本当は自分のために書いているのですけれどね。だからこれからも書きたいことを書いて行こうかなぁと思っています。
のんびりですがまた「風立ちぬベンチ」でも、よろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kazetatinu-h | 2017-11-08 00:59 | | Comments(2)

草紅葉が色づき始めたある日、湿原の奥の小さな木のベンチに風が座っていました。遠い日の記憶を呼び覚まして…


by sizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31