和風子さんを囲んで その1

a0379133_09504072.jpg

12月5日、抜けるような師走の青空の一日でした。
新潟から、17年来の尾瀬友達の和風子さんが訪ねて来てくださいました。
10年ほど前から、奥多摩・青梅を散策する“奥多摩分校の遠足”という会を主催してきましたが、
いつも新潟からご夫婦で駆けつけてくださいました。
穏やかな笑顔の和風さん、明るく社交的な和風子さん、おふたりとも思いやりがあって優しいお人柄で
多くの尾瀬仲間さんに慕われていました。

昨年秋には、ご夫婦で通った尾瀬、130回目を達成され、金婚式も尾瀬で迎えられました。
いつもお互いを支え合い励まし合い、二人三脚の尾瀬行、ご夫婦の鏡のようなお二人でした。


a0379133_09331790.jpg


実は昨年の春、癌の宣告を受けた和風さん、何度か闘病生活をされ、和風子さんは病院に付き添い、
簡易ベッドに寝泊まりしながら、看病されご一緒に病と闘ってこられました。
『どんな時も夫婦は一緒、一人では和風さんが心細いだろうと思って、婦長さんに頼み込んで許可を貰ったのよ』
と、和風子さんは話していました。『和風さんも頑張ってるのだから、わたしも頑張らないと。』

そんな頑張りの甲斐あって、昨年の秋は、尾瀬仲間さんに見守られながら、ご夫婦で130回目の尾瀬に入山されました。
『最後の鳩待峠への道を、一歩一歩踏みしめて歩く和風さんを大勢の尾瀬仲間さんが励ましながら一緒に歩いてくれて
鳩待峠に着いた時、和風さんが何回も万歳!万歳!って言ってね。みなさんのお陰様で、もう感謝感謝だったのよ。
わたしたちは、本当に良いお仲間を持ちました。』と涙ぐみながら電話をくださったことを思い出します。

和風さんと同じ頃、病に倒れ、長い闘病生活の甲斐なく今年1月に旅立たれた尾瀬仲間のshinさん、
そして和風さんも4月の終わるころ、旅立たれてしまいました。
今年は二人の大切なお仲間が天国へと逝ってしまった哀しい年となりました。


a0379133_09332991.jpg



前置きが長くなりましたが、和風子さんが逢いに来てくださいました。
『sizukuさんと、もう長いこと逢ってないから、どうしても逢いたいんだわ~だから逢いに行きます!』って
本当はこちらから、お伺いしなくてはならないところなのに遥々お一人で逢いに来てくださいました。
奥多摩遠足に参加される時、和風さんと立川のホテルに泊まり、一緒に歩いた昭和記念公園を歩きたいと。

早速、尾瀬仲間・奥多摩仲間の、こいちゃん、はるかさん、安曇野さん、松田さん(こいちゃんのお友だち)
が集まり、和風子さんを囲んでのミニオフ会となりました。
立川の改札口で、懐かしい和風子さんのお顔を見たら胸が熱くなってしまい涙の再会となりました。
ちょっと長いレポになりますがお付き合いください。


昭和記念公園に詳しいこいちゃんのご案内で出発しました。


a0379133_09221237.jpg



立川の賑やかな街の喧騒を抜け辿り着いた昭和記念公園の入り口には、昭和天皇記念館がありました。
記念館の屋上は、なんと庭園となっている珍しい作りだとこいちゃんに教えていただきました。
そして富士山がこんなに良く見える事も初めて知りました。


a0379133_09222074.jpg


皇居にある街灯と同じものだそうです。


a0379133_09222708.jpg


立派ですね!!


a0379133_09223310.jpg


昭和天皇記念館の中には、昭和天皇が御詠みになった和歌が飾られていました。


a0379133_09223903.jpg

いろいろ展示物がありましたが、さらっとスル―でした。次回ゆっくり拝見したいです。


a0379133_09225046.jpg


a0379133_09225598.jpg





立川口のゲートが見えてきました。大きなリースが掛かっています。
わたしは立川口のゲートから出た事はあっても、入った事はなかったので、とても新鮮でした。
見はるかす奥多摩の山並みが連なり、広大な森が広がっていて、とても気持ちの良い景色でした。


a0379133_09230181.jpg


歩道の両脇に銀杏並木が続き、黄葉時はさぞかし美しかったことでしょうね。
和風子さんは、和風さんと歩いた昭和記念公園の銀杏並木が忘れられないと言います。
入り口付近の銀杏はまだ散らずに残って、和風子さんを待っていてくれました。


a0379133_09232528.jpg


昭和記念公園のクリスマス時期は、ワイングラスのツリーが有名です。
夜にはライトアップされ、週末にはコンサートや花火の打ち上げなどもあるようです。
このグラスのツリーも、わたしは初めて見ました。


a0379133_09242474.jpg


たくさんのワイングラス、どうやって付けてあるのかな?と話題になりました。
光が摺り抜け、ところどころ虹色に輝いて本当に美しいです。


a0379133_09241737.jpg


a0379133_09235203.jpg


グラスの水に景色が映りこんでいます。


a0379133_09240324.jpg



a0379133_09234620.jpg


通路に並べられたミニツリーも美しいです。


a0379133_09245628.jpg


青い空が映りこんで見入ってしまいました。


a0379133_09250291.jpg



a0379133_09265082.jpg



a0379133_09282068.jpg



美しいなぁ~♪ わたしはついつい夢中になってしまいました。



a0379133_09283459.jpg



夜のライトアップもきっと美しいでしょうね。見てみたくなりました。



a0379133_09273352.jpg



こいちゃんの説明に耳をかたむけるみなさん。和気藹々と楽しそうですね。


a0379133_09271757.jpg



この噴水も美しいです。噴水の上のブロンズ像もまた美しい。



a0379133_09295317.jpg



鳩と人、平和の象徴ですね。


a0379133_09300813.jpg



いろんな角度から見ても美しくて、青空に良く映えます。シルエットも素敵です。



a0379133_09303992.jpg



流れ落ちる水の軌跡も美しくて、ワイングラスと同様に今日の晴天の光が最高の芸術を演出してくれました。


a0379133_09304686.jpg


細かな水の微粒子が霧のようになっていました。


a0379133_09311940.jpg



目が覚めるほど美しい黄葉の樹、トチノキのような五葉の大きな葉、何の木だろう?


a0379133_09321096.jpg



青空に白い雲、和風さんが見守っているようだなと、ふと思いました。



a0379133_09323585.jpg


和風子さんの大きなザックには、和風さんとの思い出の品物がいっぱい詰まっていたのでした。
『小柄な和風子さんが思い出がいっぱい詰まったザックを背負った姿を見たら胸がいっぱいになったよ。』
と、はるかちゃんが言っていました。


a0379133_09324309.jpg


和風子さんが持ってきた大きな筒には、和風さんが撮った尾瀬の写真の上に、思い出の写真を散りばめた
大きな写真が入っていました。和風さんのご葬儀の時、葬祭屋さんが作ってくださったのだそうです。



a0379133_10304924.jpg


『これはわたしの宝物なの。みなさんに見て頂こうと思って持ってきました。』
生前、和風さんは、みなさんが撮ったたくさんの思い出写真を編集してDVDを作成してくださいました。
尾瀬のオフ会のDVD,奥多摩分校のオフ会のDVD,たくさん送っていただきました。

亡くなる前、和風さんはたくさんのDVDを順番に整理し、和風子さんがテレビで鑑賞できるように
しておいてくださったそうです。
和風子さんは、毎晩、一つづつDVDを見ているそうです。
『動画を撮っておいて良かったと思うわ、いつでも和風さんの声が聞けるし、逢う事が出来るから』
そう話す和風子さんは、少女のようでした。
いつまでも、なんどでも恋する事が出来る…そんなフレーズを思い出しました。
本当に夫唱婦随のお二人なのでした。


和風さんの撮った、草紅葉燃える尾瀬ヶ原と燧ケ岳を臨む朝霧立ち込める朝の風景


a0379133_09330043.jpg

a0379133_09342326.jpg

a0379133_09343075.jpg


芝生の陽だまりに可愛らしいテントやお家が並んでいましたので記念撮影をしました。
和風子ちゃんはザックから大切そうに、和風さんの写真を取り出して一緒に撮りました。


a0379133_10290192.jpg

Commented by 千賀ちゃん at 2017-12-22 01:30 x
お天気もよくて、皆さんと楽しい奥多摩分校秋遠足となりましたね🎵
和風子ちゃん、皆さんから元気パワーいっぱいもらえ嬉しかったことでしょう🎵 
良いお友だちがたくさんいて本当に良かったです🎵
Commented by kazetatinu-h at 2017-12-22 16:56
千賀ちゃん、コメントありがとうございます(*^_^*)
わたしたちの元気パワーもですが、わたしたちも和風子さんに元気パワーをいただきました。
何度も手を振りながら新幹線のホームに消えていく和風子さんの後姿を見送って
和風子さんには、ずっとずっと、お元気でいて欲しいと心から思いました。
来春、尾瀬シーズンに入る前に、今度は土日で、また昭和記念公園のオフ会を計画できたらと思います。
ご都合が付いたらぜひ遊びに来てくださいね(*^_^*)

Commented by ejichan555 at 2017-12-22 23:50
見事なワイングラスのツリーですねえ。
発想がすごいですよね。
尾瀬を恋人にして、十年以上経過したような・・・まだ、逢っていないんだよねえ。
どうしましょ。
来年はジジになることだし、一発奮起するかな。
Commented by kazetatinu-h at 2017-12-24 08:01
エジちゃん、こちらにもコメントありがとうございます。
このワイングラス、毎年飾られています。きっと大変な作業でしょうね。
ライトアップはまだ見た事がありませんが、いつか見てみたいです。
来年は、エジちゃんにとって、素晴らしい年になりそうですね。
お孫ちゃんにはいつ頃逢えるのかな?
家は、5人目の孫と2月に逢えます(^^)v
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kazetatinu-h | 2017-12-22 00:59 | オフ会 | Comments(4)

草紅葉が色づき始めたある日、湿原の奥の小さな木のベンチに風が座っていました。遠い日の記憶を呼び覚まして…


by sizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31