たぶん9作目?

今年で3年目に入ったミナモさんのステンドグラス教室です。
青梅の駅前から釜の渕へ散策する時、いつも気になっていたお洒落なステンドグラスのお店
なかなか入れなかったけど、オーナーのまり子さんと知り合ってからお邪魔するようになりました。
そして、15周年記念の展示会がミナモさんの2階のお部屋で開催された12月に生徒さんたちの作品を
拝見して、わたしもやってみたいと思い、区切りのイイ1月から生徒さんの仲間入りをしました。



a0379133_00494151.jpg



なにか、やってみたいと強く思った時、あまり深くは考えず気持ちの赴くままに飛び込んでしまうのは
昔からの気質です。今回も自分の不器用さを忘れておりました^_^;
ガラスをカットするのも、磨くのも、半田で繫ぎ合わせるのも、とても時間が掛かります。
まり子先生は、『丁寧に作っているから時間が掛かるけれど、少しづつ上手になっていますよ』と
言っていただき『回数を重ねて体で覚えていくしかないですね』と励ましてくださいますが、
なんてったってカメ足です。先日、1月から取り組んでいた9作目がやっと完成しました。


a0379133_09250696.jpg


          ☆まり子先生作のオブジェ(いつか作ってみたい作品です)



先生に手取り足取り教えていただいて、丁寧に作ったつもりが、最後のハンダの行程でボロが出ちゃって
四苦八苦の後に何とか仕上ってホッとします。良く見ると失敗箇所は多々あれど出来上がると嬉しいです。
大好きな江口あさ子先生の美しくロマン溢れる素敵な絵ハガキに合せて、色ガラスを選び作ってみました。

夜の森で、妖精たちがデートしているんです。オレンジ色のキノコがランプのように灯っていて、
そこだけ光が洩れているようなそんな気がします。
丘の上に上がってきた大きな満月が森の中を照らそうとしているとっても素敵な絵です。



a0379133_08583037.jpg




出来上ると嬉しくてつい他の絵も入れて見たくなります。
『渚』と題された透明感が何とも美しい作品です。夜明け頃の海岸に思えるのですが…



a0379133_08580941.jpg




『しあわせな夜』と題された作品です。静寂さと葦の葉を渡る風の音も聞こえてきそうです。


a0379133_08571541.jpg




こちらは、題名が書かれていませんでしたけれど、
深い夜のしじまに音も無く降り積もる雪
天使の姿が清らかで心が洗われそうです。


a0379133_08564035.jpg




こちらは『春風』題された作品です。
薄いレースのカーテンの質感、窓の外の萌葱色、ビー玉の輝きに心奪われます。


a0379133_08571185.jpg




『たからもの』と題された作品、
この小人の坊やの眼差しが愛らしくて引き寄せられました。
このフレームでは少し色調が合わなそうなので、合わせて作ってみたいです。



a0379133_08571940.jpg




こちらも可愛い妖精に癒されます。フキノトウに春の息吹を感じます。
このフレームは色が、やはり合わないような気がします。
同じ絵で、透明なガラスのフレームにしたら素敵でした。また作ってみたいです。


a0379133_08570752.jpg




a0379133_09533644.jpg

ちなみに、まり子先生に娘の出産祝いに作っていただいた作品です。
柔らかなデザインと美しいガラスの色合いと質感、本当に美しい作品です。
この絵は、江口先生と知り合うきっかけとなった“誕生”と題された絵なんです(^^)
後から知ったのですが、江口先生とまり子先生は古いお友だち。
絵とガラスが導いてくださった素敵なご縁に感謝です。



a0379133_09320664.jpg




名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kazetatinu-h | 2018-03-19 00:54 | ステンドグラス | Comments(0)

草紅葉が色づき始めたある日、湿原の奥の小さな木のベンチに風が座っていました。遠い日の記憶を呼び覚まして…


by sizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31