桜逍遥2018 その3

桜逍遥2018 その3は、飯能市岩淵の一本桜(山桜)です。
ここは、青梅市の霞丘陵から続くハイキングコースの途中にありますが、このハイキングコースが
どこまで続いているのかさっぱり判らず、おまけにあまり歩く人はいないような寂しい道なのです。
さすがに、知らない道を行くのが大好きなわたしも躊躇して途中の岩蔵温泉で降りてしまっていました。



a0379133_11430048.jpg


ある時、飯能方面をポタリングしている時、とても古い絵地図の看板を見つけました。
恐らく昭和30年代ぐらいの看板ではないでしょうか、ところどころペンキが剥がれていたり、
読みにくくなっていましたが、そのシンプルすぎる絵地図にかなり魅かれました。
その地図に寄れば、あのハイキングコースの続きがこの裏山辺りを通っているらしく、さらに、
国道沿いから、いくつもの細い路地が、ハイキングコースに繋がっているようなのです。
わたしは、その中のいくつかを自転車で入れるところまで入ってみましたが、やはり少し荒れた
寂しい道でした。

そんな伏線があり、昨年、思い切って岩淵の桜探索に出かけたのでした。
岩淵という名前のバス停の近くから、いくつかの路地を入っては、畑仕事をしている方や、お庭にいらっしゃる方に『岩淵の一本桜を探しているのですが御存じないですか?』と伺ってみました。
『ああ、この道の奥にお寺があって、その少し先の畑の中に在るよ。』との情報をいただきました。
わたしは大喜びで自転車を飛ばして、お寺に向かい更にそこで、また道をお聞きし、一本桜に辿り着いたのでした。

しかし、花期は終盤で前日の大風で、ほとんどの花が散ってしまった状態でした。
でも、その桜の樹形の素晴らしさと、静かな里山に立つロケーションの素晴らしさに魅了されました。
絶対、来年は花の時季に来てみたいと心に誓ったのでした。


さて、前置きが長くなりましたが、今年は桜巡りの最後の場所に決めていました。
思った通り、ちょうど8分咲きぐらいの美しい時に訪れることが出来ました。
でも、欲を言えば早朝、朝日を浴びた姿を撮ってみたかったと思いました。来年の課題ですね。



桜と若葉と芽吹きと、春爛漫の山里でした。
表通りからは、少し奥まったところに、こんな素敵な桃源郷のような場所があるなんて全く判らないのでした。


a0379133_11425511.jpg


短い坂の途中に、小さな神社があります。
朱の鳥居と、桜の白が美しく映えます。ミツバツツジも萌え出していました。


a0379133_11425744.jpg



わあ~!!咲いていました。坂道を上り上げると美しい山桜がみえてくるのです。


a0379133_11430436.jpg


山桜の下には茶畑が広がっています。長閑な光景です。


a0379133_11431267.jpg




a0379133_11432110.jpg




a0379133_11433789.jpg



小高い草地の土手に上がって、三脚をセットして目の高さで山桜を撮りました。



a0379133_11431880.jpg


まだ少し、蕾も残っていますが、今が一番綺麗な時だと思いました。


a0379133_11433248.jpg



時おり光が射すと白い花が輝きを増します。



a0379133_11434387.jpg


何処をどう撮ったら良いのか判らず、ただ、夢中で何枚もシャッターを押します。


a0379133_11440603.jpg


ファインダー越しの桜はただただ美しくて、気が付けば撮らされてしまっているのでした。


a0379133_11440957.jpg




場所を移動し、バックの芽吹きの山の萌え色とコラボさせようと思いました。



a0379133_11441418.jpg



でも、そうすると、大桜だと言う事が判らないような写真になってしまうのでした。



a0379133_11443141.jpg


難しいなぁと呟きつつ、また、桜のアップを撮っていました。



a0379133_11450339.jpg



a0379133_11444028.jpg


そして、全体だとこんな感じ、もう少し広角系のレンズが欲しくなってしまうけど、
きっと、もう少し自分が動けば、良いアングルを作れるのかも知れませんが、もう一人の
カメラマンの青年が熱心に撮っていたので、あまり動き回るのは悪いので止めました。




a0379133_11441811.jpg


ひとしきり撮った後、山桜を離れて里山の景色を撮りました。


a0379133_11445165.jpg


a0379133_11445576.jpg



この芽吹きの淡い色合いが好きです。その中に山桜が点々と咲いています。



a0379133_11445926.jpg


長閑な里道です。ずっと辿って行きたくなります。



a0379133_11450643.jpg



菜の花色、鮮やかな黄色、春らしい色ですね。




a0379133_11451261.jpg




お寺の竹林に、イロハカエデの若紅葉が映えます。赤い花も美しいです。



a0379133_11451529.jpg





a0379133_11425011.jpg



帰り道、芽吹きの色合いに魅かれました。



a0379133_11451827.jpg



a0379133_11452206.jpg




a0379133_11452865.jpg




a0379133_11453434.jpg




そして山桜の若葉の茶色が、何とも優しい色なのです。




a0379133_11452591.jpg




花ほころぶ白さが、眩しくて最後の一枚を撮りました。
今年の桜逍遥は、これにて終了です。本当はまだまだ見たい桜はあるのですが、なんとも
今年は花が速いうえに一斉に咲いてしまいましたので、休日が足りませんでした。
久しぶりの三脚使用…思うように撮ることが出来ませんでした。
今年は、三脚に拘った写真を撮ってみようと思います。習うより慣れろ。練習が必要ですね。




a0379133_11453802.jpg




Commented by 奥武蔵の山人 at 2018-05-15 12:14 x
こんにちは
岩渕の一本桜・・・良い時季に観られましたね。
日頃の行いでしょうか。
それにしてもお見事な撮影でこの桜のよさが分かります。

当方、この桜は3年目ですが
こちらは日頃の行いのせいで、いつも時期を外しております(笑)
今年は葉桜が満開のときでした。
お勧めしてよいかどうか・・・満開の葉桜 ↓ 
http://mkaifuu.blog.fc2.com/blog-entry-522.html
Commented by kazetatinu-h at 2018-06-02 21:22
奥武蔵の山人さん、コメントをいただきありがとうございます。
すっかり放置しているブログですが、ご覧いただきありがとうございました。
お返事も遅くて申し訳ありません。
岩淵の桜、わたしも昨年は訪れる前の晩の嵐ですっかり散って葉桜でした。
散歩している地元の方が、一昨日まで満開だったと言っていましたので、山桜は散るのが速いのかなと思いました。
今年は、満開少し手前と言う感じだったかもしれませんが、美しい桜に合えました。
ただ、三脚を使うとどうしても気に入ったアングルにならず、疲れてしまった撮影でした。
わたしはやっぱり思ったままに撮る方が良いのかなぁなんて思ったりでした。
奥武蔵の山人さんは、毎回きちんとブログを更新なさっていて素晴らしいですね。
わたしも見習わなければと思います。ありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kazetatinu-h | 2018-05-01 01:04 | | Comments(2)

草紅葉が色づき始めたある日、湿原の奥の小さな木のベンチに風が座っていました。遠い日の記憶を呼び覚まして…


by sizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31