風の谷の守り人

初めて訪れた13年前から、何度となく足を運んだ渓谷“風の谷”
ここは、しょうちゃん(’蛍おじさん)のキャンプ場でもあります。
夏になれば、子どもたちがキャンプで訪れることもあるそうですが、
ほとんどの季節あまり訪れる人も無く、閑散としているようです。
今頃の季節は美しいゲンジボタルが飛び交い、蛍おじさん自慢のキャンプ場なのです。

a0379133_13060631.jpg

ここに、紫陽花を植えようと、友人のこいちゃんが企画し、昨年から今年にかけて
100本の紫陽花を植えたそうです。最後の1本を、昔馴染みのわたしのために
取っておいてくれたとの事で、植樹しに行きました。
『その紫陽花の最初の花が咲いたよ』と、しょうちゃんがこいちゃんに電話し、
わたしは、こいちゃんから連絡をいただき見に行って来ました。
そして、緑滴る6月の風の谷を満喫してきました。


a0379133_13092818.jpg


風の谷の入り口の緑の仔馬、もうすっかり色濃くなってもうじき判らなくなりそうです。


a0379133_13114361.jpg


ヤマユリの蕾が大分膨らみましたね。あの香りの良い大きな白い花を今年も見たいです。



a0379133_13121106.jpg



オカトラノオも蕾を膨らめi今にも咲きそうです。


a0379133_13160622.jpg




ヘビイチゴは赤い実になりました。かわいいです(^^)



a0379133_13160046.jpg



コウゾも色付きはじめました。


a0379133_13455446.jpg



ヤマホタルブクロが綺麗に咲き始めました。


a0379133_13455028.jpg



『ほら、sizukuさんの植えたオトヒメさんですよ。しょうちゃんが一生懸命お世話しているから、
一年目の紫陽花の中では、一番花付が良いですよ。』とこいちゃん。
本当だ、小さいのにいっぱい花をつけています。蕾もいっぱいあります。

しょうちゃんが選んでくれた場所は、日当たりも良く、土砂が崩れないようにと板で囲ってあります。
石ころだらけの土を耕して整備してくれたそうです。どおりで居心地良さそうに生育していました。


a0379133_13133039.jpg


良く見るとバッタもいますね。オトヒメの名に恥じない、美しい紫陽花でした。


a0379133_13145773.jpg

小さなハチもやって来ました。


a0379133_13150598.jpg




ほかの紫陽花一年生たち(*^_^*)


a0379133_13140033.jpg


a0379133_13141885.jpg


a0379133_13140759.jpg


a0379133_13153240.jpg

ヤマアジサイのようです。


a0379133_13144122.jpg

a0379133_13163643.jpg

『こちらの蕾は赤ちゃん!さしずめあかりちゃんぐらいですね(*^_^*)』とこいちゃんが、
我が家の孫にたとえてくれました(^^)
「ほんとだ、かわいいつぼみのあかりちゃんだわ❤」


a0379133_13164323.jpg

『こちらは少し大きくなっておにいちゃんらしくなった悠ちゃんぐらいですね。』
「うふふ、悠ちゃん、大分しっかりしてきたわね❤」


a0379133_13164636.jpg


こちらの大きな株は、もともとしょうちゃんが植えていた紫陽花だそうです。


a0379133_13172833.jpg

数年後には、この紫陽花一年生たちも、それぞれ立派な株に育ってくれる事でしょう。


a0379133_13154080.jpg

淡いブルーが混じった、美しい紫陽花でした。


a0379133_13452820.jpg

しょうちゃんのキャンプ場が眼下に見えてきました。この前よりも随分と緑に包まれましたね。
わたしは、このキャンプ場が見えてくるといつも大きな声で呼ぶことにしています。
『しょうちゃ~ん!!』すると、しょうちゃんが、どこからかひょっこり顔を出してくれるのです(^^)


a0379133_13173907.jpg


しょうちゃんが作った花生けです。山道のホタルブクロが折れてしまったからと作ったのだそうです。
しょうちゃんの優しさが伝わります。それに、なかなかセンス良いと思うなぁ!!


a0379133_13161637.jpg



『今日は天気が良いから、川原でお昼を食べると気持ちいいよ。』と
しょうちゃんがテーブルを用意してくれていました。


a0379133_13180343.jpg


陽光がキラキラで綺麗です。わたしは花やトンボに夢中です。



a0379133_13191402.jpg

ミヤマカワトンボです。流れに乗ってすーいと飛んで見たり、川岸に葉っぱの上で翅を休めて見たり


a0379133_13193260.jpg

漆黒に見える翅は、じつは光に透けると美しい鼈甲色をしています。


a0379133_00365372.jpg

こちらはミヤマカワトンボの雌です。翅の先に白い斑点が一つ、体は地味な茶色です。


a0379133_13221364.jpg

こちらはミヤマカワトンボの雄です。鼈甲色の翅と美しい緑色に輝く身体が美しいです。


a0379133_13242422.jpg


石の上でじっとしています。



a0379133_13252199.jpg

あっ!翅を開いてくれました。陽に透き通って本当に美しいです。
岩の上に、羽の影が映りました。

a0379133_13252547.jpg

川原の石の上をひらひらと飛ぶ水色の蝶、ヤマトシジミかな?
とっても綺麗な表翅なんですが、なかなか開いてはくれないので撮れません。


a0379133_13222504.jpg

穏やかな浅瀬の、このとろりとした水の質感がたまらなく好きです。


a0379133_13254180.jpg


a0379133_13264189.jpg

大岩を覆うようにユキノシタがいっぱいです。


a0379133_13265587.jpg

ギボウシの葉っぱが芽生えました。岩に張り付いた苔も魅力です。


a0379133_13271108.jpg

ユキノシタと流れのキラキラに夢中になったり…


a0379133_13292016.jpg

a0379133_13294078.jpg


a0379133_13300745.jpg

おや?なにかいますよ。


a0379133_13494573.jpg


クモです。隠れているつもりなのかしら?


a0379133_00421411.jpg


a0379133_13322917.jpg

奥の滝に落ちる光に夢中になったり…


a0379133_13355094.jpg



タマガワホトトギスの葉っぱと、イワタバコの葉っぱに夢中になったり…




a0379133_13374846.jpg


木洩れ日の明滅に表情を変える谷…



a0379133_13360678.jpg

瀬音に絶え間なく揺れるコアジサイの葉っぱや


a0379133_13311053.jpg

吹き抜ける風が囁いているようなサルオガセ…


a0379133_13311873.jpg


小さな葉っぱの上にいたクモに夢中になったり


a0379133_13314632.jpg

a0379133_13320997.jpg



流れの中を潜り抜ける光が、川床をパッと浮かび上がらせたり



a0379133_13375207.jpg


川床の小石を七色に輝かせたりするのにこころを奪われるのでした。


a0379133_13375819.jpg


a0379133_13382470.jpg

蛍が飛ぶ川ですから、カワニナもいました。蛍の幼虫の餌になる貝です。



a0379133_13385868.jpg



a0379133_13390601.jpg


あまりに綺麗な流れにこいちゃんも(^_-)


a0379133_13372319.jpg

こいちゃんが撮ってくれました。


a0379133_00502239.jpg



a0379133_13373015.jpg




a0379133_13444104.jpg




a0379133_13493822.jpg




a0379133_13484193.jpg


いろんな種類の苔もあって、わたしを夢中にさせます。



a0379133_13474897.jpg


a0379133_13475493.jpg


a0379133_13465371.jpg

a0379133_13504420.jpg


a0379133_16060068.jpg


a0379133_16063075.jpg


ふと見上げれば、緑燦々


a0379133_13394265.jpg



a0379133_00582242.jpg



マタタビの花です。


a0379133_13411030.jpg


渓谷に自生するサワアジサイです。


a0379133_13413444.jpg


ドクダミの花も綺麗で、おや、ナナフシがのんびり歩いています。


a0379133_13421207.jpg



a0379133_13423437.jpg




a0379133_13424713.jpg


a0379133_13431841.jpg

a0379133_13480920.jpg


a0379133_13461477.jpg


『こんな飯の種にもならない紫陽花なんか引っこ抜いて売り飛ばしてやる!』とは
口の悪いしょうちゃんの口癖だけど、口とは裏腹に一生懸命紫陽花のお世話をしてくれています。
そして、花が咲けば愛おしそうに、こいちゃんに電話してくるしょうちゃんなのでした。
ちょっと偏屈で変わり者だけれど、心根の真髄は、風の谷の清流のように綺麗な人なのです。
しょうちゃんと川の中の大岩に座って川面を眺めていました。

こいちゃんが撮ってくれたお気に入りの写真です。


a0379133_13501732.jpg
『こうして座って眺めると、目線が変わって、見えてくる景色が違って見えていいもんだなぁ。』と
しょうちゃんがつぶやきました。しょうちゃんはこの風の谷の守り人だよね。いつもありがとう。

「しょうちゃん、イワタバコが咲く頃、また来るね!」『ああ、いいよ、いつでも来いよ』
そんな言葉を交わして風の谷を後にしました。
本当は以前のように、風の谷に舞う蛍を見に来たいんだけれどね。






長いブログですみません。最後まで読んでくださった方ありがとうございました。<m(__)m>

a0379133_16070096.jpg






名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kazetatinu-h | 2018-07-02 01:03 | 渓谷 | Comments(0)

草紅葉が色づき始めたある日、湿原の奥の小さな木のベンチに風が座っていました。遠い日の記憶を呼び覚まして…


by sizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31