人気ブログランキング |

下名栗諏訪神社の獅子舞い2017 「三拍子」

夏本番、夏と言えばわたしにとって、獅子舞の季節でもあります。
2006年に、初めて埼玉県飯能市下名栗諏訪神社の獅子舞いに出会ってから早、12年の歳月が経ちました。
その間、毎年素晴らしい獅子舞を拝見させていただいています。
2000年より、巨樹仲間の一葉さんに加わっていただいたのを機に、下名栗諏訪神社の獅子舞い応援団を
結成し、応援サイトも立ち上げました。

2017年、一葉さんが熊本に帰郷され、素晴らしい写真を撮ってくださる方がいなくなってしまいましたが、
変らずサイト運営を担当してくださっていますので、残された者が写真を撮り続けて行きたいと思っています。
しかしながら、大量に撮った写真をなかなか整理をすることが出来ず、2芝目で終わっていました。
いよいよタイムリミットを迎え、やっと重い腰を上げました、昨年の獅子舞い3芝目の「三拍子」を作成いたしました。

a0379133_10260072.jpg

三拍子の芝は、国家安泰、五穀豊穣、氏子繁栄を祈る舞です。3匹の獅子が楽しく遊び、疲れて眠りますが、再び元気よく遊びます。この芝は、獅子がバチを打ち鳴らしたり、謡と謡との間に獅子とササラが特徴ある所作をしたりと、他の芝とはずいぶん異なった構成になっています。3匹の獅子は常に同じ動きをするため、いつも呼吸をあわせることが大切な舞です。ササラは上級者が演じます。(獅子舞保存会より参照)

この芝は、初めて獅子舞を始めたものが2年目に舞う芝でもありますが、昨年は大ベテランの獅子舞役者が舞いました。
3匹の獅子が終始、同じ動作で舞いますが、ベテラン役者が舞うと、まるでリンクするようにピタッと呼吸を合わせ、一糸乱れぬ流れるような美しい所作に大変感動しました。
また、ささらも他の芝にはない所作(しゃがんで、向きを変えながらささらを摺る)(まわりっこといって、三匹の獅子を囲んで、大きく体を回転させながらささらを摺る)があり、大変体力と気力が要ります。
それを見事に演じてくれた上級者のささらっこたちの美しい舞にも大きな拍手を贈りたいです。


a0379133_10253077.jpg

a0379133_10240131.jpg


a0379133_10243175.jpg


a0379133_10250180.jpg


a0379133_10270191.jpg

a0379133_10273178.jpg

そして、獅子舞をリードするのは、笛方の親笛と呼ばれる、言わばオーケストラの指揮者のような役目を担当する人たちです。下名栗保存会の笛方は大変充実していて素晴らしい指導者や奏者がたくさんいらっしゃいます。
その中で、ささらを卒業した女性たちや、子どもたちがささらや笛を担当して一緒に参加しているうちに
笛方をやってみようと自主的に参加されているお母さんたちの力も大きいです。
親笛を担当する物は、獅子舞役者と息を合わせ、そのタイミングを理解して全体の流れをリードしていかなければなりません。

芝が始まる前、親笛担当の女性は、獅子舞役者さんと「よろしくお願いします」と握手を交わしていました。

a0379133_10325493.jpg

凛とした立ち姿、迷いのない美しい笛の音色、彼女はベテランの笛方です。


a0379133_10263187.jpg

下名栗の獅子舞いの美しさ、力強さを表現するために、また、獅子舞保存会の皆様のために
例によって大変長いデジブックになっております。
よろしければ、ご覧頂き今年も開催されます下名栗の獅子舞いにお出かけいただければ幸いです。

デジブック 三拍子 (音楽が鳴りますのでご注意ください)
http://www.digibook.net/d/6a45a197b08bb5416b4a14f2b243312e/?viewerMode=fullWindow



平成三十年度 下名栗諏訪神社獅子舞。
          8月25日(揃い)
          8月26日(例大祭)  
会場 : 埼玉県飯能市下名栗諏訪神社

時間、アクセス等は、上記のホームページでご確認ください。



Commented by クロちゃん at 2018-07-16 18:39 x
sizukuさん、こんばんは♪
迫力と躍動感が伝わって来ます。
今年も暑い季節に熱いドラマが演じられますね。(^^)/

Commented by kazetatinu-h at 2018-07-17 06:29
クロちゃん、早速ご覧いただきコメントもありがとうございます。
はい、今年も新参の頃から見守り、摺り上がりを迎える若者が2名いて、彼らの雄姿を見届けるのが今から楽しみです。
そして、新しく獅子舞役者を始める青年や、順番に力をつけていく新参役者の姿、迫力の舞いを見せる中堅役者、いぶし銀の舞いを見せてくれるベテラン役者、それぞれのドラマを見届けたいです。
あの美しい獅子舞の笛の音色が鎮守の森に響き渡るのも、こころに沁みる素晴らしい演奏です。
毎年、最も暑い頃のお祭りで、特に午後一番の芝では、葉を食いしばって最後まで舞い切って社務所に戻り倒れてしまう獅子舞役者もいたりして、本当に心配です。
今年のこの尋常でない暑さ、何とか終息して欲しいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kazetatinu-h | 2018-07-16 10:47 | デジブック | Comments(2)

草紅葉が色づき始めたある日、湿原の奥の小さな木のベンチに風が座っていました。遠い日の記憶を呼び覚まして…


by sizuku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30