初秋の会津駒ケ岳へ

今から10年ぐらい前かしら?なんとなく尾瀬を通じたブログで知り合ったわたしたち、
少しづつ年齢も違って、もちろん性格も違って。
だけど、尾瀬が好きで、写真が好きで、山が好き、花が好き、最初から何故か気が合う女子4人でした。
天然で頼りないんだけれど、わたしが一番年上だから、みんなが『姉ちゃん』と慕ってくれて、『じゃあ、若草姉妹にちなんで若草女子会にしない?』ってことで発足したのでした。

なかなか尾瀬行が叶わないわたしを、何とか尾瀬に連れて行ってあげたい!!と、6年前、妹たちが計画してくれたのが、尾瀬国立公園の片隅に位置するこの会津駒ケ岳登山でした。
そしてこの時、尾瀬で働いていた若い女子二人も加わってくれ、若草女子会は6人となったのでした。

初めての会津駒ケ岳は、ブナの森に守られた美しい天空の大地でした。
空も、星も、風も、湿原も、池塘も、木道も、全てが美しく輝いてわたしはこころを奪われました。
「ここに毎年登って来れたら素敵だなぁ…」
『じゃぁ、来年も来ようよ!!』『姉ちゃん、わたしたちが連れて行くよ!!』
こうして始まったのが “年に一度の駒詣” なのでした。
あれから毎年、今年で6年目の駒詣となりました。
今年は、みんなの都合が合わなかったので、次女のはるかちゃんと二人だけの駒詣でしたけれど、お互い気心知れた何だか本当の姉妹みたいな凸凹コンビのわたしたち。
はるかちゃんの優しさに支えられ、思い出深い素敵な駒詣となったのでした。

初日は桧枝岐の民宿「檜扇」さんに宿泊して、美味しいお料理や、女将さんやご主人の暖かいお人柄や、三女のひだまりちゃんも駆け付けてくれて楽しい一夜となりました。
翌朝、宿のご主人が滝沢登山口まで送ってくださって、わたしたちは元気よく6度目の会津駒ケ岳を目指して登って行きました。
写真で綴る会津駒ケ岳、よろしければご覧ください。


ブナの多い森なのですが、登山口にはミズナラの巨樹がいつものように迎えてくれました。


a0379133_10053682.jpg


急階段で始まる滝沢登山口です。


a0379133_10054512.jpg

白樺も迎えてくれました。

a0379133_22355906.jpg



ミズナラの葉の虫こぶ、二つ並んで美しいです。
ミズナラやブナなどの葉に虫が卵を産み付けると、植物の組織が
異常肥大してこのような虫こぶが出来るのだと言います。
主にタマバチという昆虫だそうですが、どうしてこんなに綺麗な
球体になるのかすごく不思議です。


a0379133_22363708.jpg

倒木を覆う苔に芽吹いたミズナラの幼木と小さなキノコ、
森の命のサイクルは、みんな共存しているんだなぁ…


a0379133_22370228.jpg


枯れ始めたブナの木にびっしりと生えたブナハリタケ、いい匂いがする。
夕べ檜扇さんで食べたブナハリタケの油いため、美味しかったなぁと!(^^)!


a0379133_22371702.jpg


だれかがかじったのかな?


a0379133_22372522.jpg


ブナの幹がぐわんと曲がっている。きっと雪の重みでなのかな?


a0379133_22374440.jpg


森の中はあちらこちらに苔の絨毯がある。


a0379133_22381280.jpg


ツルリンドウの薄紫の花が綺麗だった。


a0379133_22382108.jpg

ウスノキの紅葉と紅い実


a0379133_22384244.jpg


大きな木の根っこは、苔生してもののけ姫の世界

a0379133_22460406.jpg


a0379133_22465728.jpg


ちょっと色が茶色っぽいけど、タマゴタケの幼菌ですよね?


a0379133_22450553.jpg


可愛いフォルム


a0379133_22453145.jpg


こちらは、ベニテングタケ
毒キノコだけどかわいらしい(*^_^*)

a0379133_22395233.jpg

ちょっと開きすぎた成菌

a0379133_22402865.jpg


木の根が階段状になった登山道

a0379133_22444282.jpg


ツルリンドウの紅い実
あの清楚な薄紫の花からこんなに大きなワインレッドの実がなるなんて不思議


a0379133_22405875.jpg


ブナの門
毎年そう思ってここで振り返る。

a0379133_22385294.jpg


門から除く青空が綺麗で、毎年溜息をつく

a0379133_22440766.jpg

そして大きなブナの樹たちに迎えられる場所


a0379133_22472057.jpg

そして林床には、小さな赤い実たちが現れる
大好きなマイズルソウ。若い実はまだらで怪獣の卵って呼んでます(笑)

a0379133_22473285.jpg


そして、熟すと真っ赤に透き通って、ルビーの様だといつも思ってます。


a0379133_22480931.jpg


こちらは黒真珠みたいなツクバネソウの実
ピエロの襟のような赤いガクがかわいいね。


a0379133_22474457.jpg


いつも葉っぱが虫に食われているから「ムシカリ」という名前なんだそう。
別名、「オオカメノキ」の方が良く使われているみたいです。


a0379133_22485407.jpg


葉っぱも茎もトゲトゲだらけのハリブキだけれど、実はこんなにたわわです。


a0379133_22490988.jpg


ユキザサの実は朱色で、重さにいつも頭を垂れています。


a0379133_22495230.jpg

葉っぱの影で花も実も、恥ずかしそうなタケシマラン


a0379133_22512292.jpg


リンゴみたいな、サクランボみたいな、真っ赤な実がかわいい♪
 

a0379133_22540212.jpg


サクラシメジでいいのでしょうか?
ピンク色のかわいいキノコです。


a0379133_08595452.jpg


草影に隠れていても、存在感!!

a0379133_22473633.jpg


苔の中に隠れてしまいそうなくらい、小さな小さなキノコ、


a0379133_22535578.jpg

三種類ぐらいの苔が共演


a0379133_22483284.jpg

透き通るくらい瑞々しい苔


a0379133_22484632.jpg


胞子も小さくてかわいらしくて


a0379133_22481717.jpg


その胞子に雫がついてかわいらしいこと(^_-)


a0379133_22500500.jpg

綺麗だなぁと思って…
本当はマクロレンズに付け替えたいところだけど、望遠レンズで頑張る(^_^;)


a0379133_22501577.jpg


なんだかいい匂い?と見回せばブナハリタケがびっしり!
駒の兄さまは、お茶漬け海苔の香りと言っていたっけ。

a0379133_09005562.jpg


今日は、ほぼ、CT通りに着いたとはるかちゃん。
わたしが好きなように写真が撮れるようにと一足先に登ってくれました。
だいぶ待たせちゃったね。ごめんね。そしてありがとう(*^_^*)


a0379133_09002753.jpg


ここの水場の水は枯れることがないそうです。
駒の地層にずっと解けない氷河があるんですって。
そこから地中を浸透して湧き出た水だから綺麗なのだそうです。
氷河の一滴、どおりで冷たくて美味しいわけですね!!
いったい何万年前の水なんだろう?ロマンを感じます。


a0379133_09003591.jpg


水場の周りは青々と苔生しています。


a0379133_09004769.jpg


さて、1.5ℓづつ、水を汲んで出発です。
『ねえさん、ゆっくり写真撮ってきてね。わたしは先に行っているから』と、
はるかちゃんはマイペースで登りはじめました。
登るために専念したいから、カメラは持ってこなかったと言うはるかちゃん。
きっと、同じものを見て、心のカメラに刻んでいるのだと思う。
わたしは、その言葉に甘えて写真三昧です。



一瞬、波のように小鳥たちがやって来て、可愛い声で囀りながら枝から枝へと渡ります。
慌てて200ミリの望遠レンズに付け替えて狙います。だけど小さいなぁ…


a0379133_22514240.jpg

トリミングして見たけれど、あなたは誰でしょう?
サメビタキさんかしら?


a0379133_22515215.jpg


直ぐ近くの枝にもやって来てくれる人懐っこいあなたはヒガラさん?


a0379133_22504496.jpg


シラビソの枝にいる可愛い子
羽毛がまだ綺麗に生えそろっていない感じの幼鳥です。
頭のポチポチ模様はやっぱりサメビタキの幼鳥かも?


a0379133_22520882.jpg


ブナの根張りは逞しい

a0379133_09025162.jpg


落雷にあったのか?強風に折れたのか?
主幹を失くしても、天を指して佇む


a0379133_09030194.jpg


秋の空だなぁ…


a0379133_09022221.jpg


日光方面を望む


a0379133_09022779.jpg


会津駒ケ岳の斜面
緑の笹原にオオシラビソとダケカンバがたくさんある。
黄葉時はきっと美しいだろうなぁ


a0379133_09021621.jpg

大好きな白いゴマナの花

a0379133_22542372.jpg


オトギリソウが咲き残っていた。

a0379133_22553743.jpg


ムシカリの葉が色づき始めた


a0379133_22571345.jpg



オオシラビソの実はフクロウみたい


a0379133_22565976.jpg


もう少ししたら金色の草紅葉に緋色のドウダンツツジが萌え出すが、今はまだ緑
いつの間にか青空は消え、白い霧が山肌を滑り降りて来た。


a0379133_09032736.jpg


ほんの少し緋色に…

a0379133_22572645.jpg


池塘の畔のイワショウブの実がピンク色になっていた


a0379133_09033437.jpg


振り向けば来し方はまだ青空が残っていた。


a0379133_09040880.jpg




a0379133_09041167.jpg


今日は燧ケ岳は顔を見せてはくれなかった。



a0379133_09041545.jpg





a0379133_09042795.jpg


霧にかすんで行く


a0379133_09050322.jpg




ノウゴウイチゴかしら?


a0379133_22572318.jpg


ナナカマド


a0379133_22595141.jpg


遥かな木道

a0379133_22582848.jpg


コバイケイソウの実


a0379133_22590125.jpg



霧の中に見えるのが駒の小屋です。


a0379133_09043668.jpg


駒の大池に着きました。
相変わらずしーんとしずまりかえっている。


a0379133_09052862.jpg


チングルマの果歩が露に濡れて


a0379133_23020316.jpg


懐かしい駒の小屋に着きました。今夜はわたしたちの他に
ソロの女性が一人泊まるだけだそうだ…
続き増す。


a0379133_09060046.jpg

Commented by toraneko-nyao at 2018-10-15 18:38
秋の山は、色づく葉や実でいっぱい。
小さな実を見逃さない、sizukuさん、さすがです!
花の春とは違って、実りの秋の山は
また違った魅力であふれてます。
鳥の名や植物の名がその場でわかるって
それも山歩きを100倍楽しくさせます。
山歩き、今年は行けてないので行きたくなりました。 
Commented by kazetatinu-h at 2018-10-15 20:57
とらねこさん、こんばんは(^^)
ご覧いただいてコメントもありがとうございます。
そうですね、秋の山は宝探しをするような感じですよね。
これからの色付く森を歩くのも、その後の落葉の頃に、
敷き詰められた色とりどりの葉を踏みながら歩くのもまた秋の登山の醍醐味です。
なかなかご一緒出来ませんが、チャンスがありましたらまた奥多摩にお越しくださいネ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kazetatinu-h | 2018-10-14 00:10 | 女子会 | Comments(2)

草紅葉が色づき始めたある日、湿原の奥の小さな木のベンチに風が座っていました。遠い日の記憶を呼び覚まして…


by sizuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31