人気ブログランキング |

ハナネコ女子会 in 神戸岩

今年は、夏が天候不順で春以来、なかなかハナネコ女子会を開催することが出来ませんでした。
ようやく、10月27日に秋のハナネコ女子会ができました。
諸事情で以前のように日にちを幾日か設けて、なるべくみなさんが行けるようにと出来なくなり、
今回も27日のみの設定でしたので、ご都合の付かないかたもいらして申し訳なかったのですが、
遠く、山梨からあっこさん、千葉からはハンちゃんとおくちゃん、川崎からせっつさんが参加してくださいました。

昨年に続き、今回も武蔵五日市駅集合です。
今回は、東京都唯一の村、檜原村にある神戸岩に行く事にしました。
「神戸岩」は地元でも知らない方が多いくらい、知名度が低いのですが都の天然記念物の指定を受けていて
特に秋の紅葉は素晴らしい景観だそうです。わたしも夏にしか行ったことがなかったので楽しみです。


a0379133_09172545.jpg

ところが、週間天気予報では、晴天に挟まれた27日だけが、何故かピンポイントで雨予報ではありませんか!!
晴れ女のわたしたちにしては、どうした事でしょう?いろいろ他の場所と迷いましたが、もし雨が酷ければ
昨年も行った、深沢小さな美術館方面に切り替えようと言う事で決行しました。

朝は小雨模様でしたが、武蔵五日市駅に着く頃には雲の切れ間に水色の空が見え隠れする天気になり、
神戸岩に向かうにつれてどんどんお天気が回復し、なんと行く手は青空、後方は曇り空という不思議なお天気となりました。
わたしたちは、天気の狭間にいたみたいです(^^)


気温が上がり明け方まで降った雨が木々から靄となって立ち昇り、太陽光線が降り注ぐ光の道が見えました。
天使のハシゴという現象でしょうか?空から光が降りてきた!!と言う感じです。



a0379133_08564229.jpg


青空に白い雲、太陽もキラ~ン!!
『一日小雨&曇り、所に寄り一時雷雨があるかも、なんていう天気予報だったのにね。』
『こんな良い天気になるなんて思わなかったよね!!』
『やっぱり、わたしたち晴れ女軍団の勝利だよね~♪』
『神戸岩は、神様の通り道、何かご利益があるのかも~♪』と、わたしたちはご機嫌です。


a0379133_08565527.jpg


バス停のある高架の橋から谷底を眺めます。
『あっ!みんなの影が映ってますね。記念撮影しましょうか。』ってことで。


a0379133_08571106.jpg

判ります?アップしてみましょうか?5人の影法師が並びました。


a0379133_08571779.jpg

神戸岩入口のバス停から3㎞、約1時間(わたしたちは1時間半)の道程ですが、おしゃべりしつつ、
眼下にこんなに美しい渓流を眺めながら、みんなで歩く道は楽しくて苦にはなりません。


a0379133_08591203.jpg


行く手には真っ青な空と、山々の暮らしが見えるような民家が続きます。


a0379133_08593655.jpg


書いてある文字がもう見えないような庚申塔


a0379133_08592454.jpg

行く手に美しく紅葉し始めたケヤキの樹が、朝の陽射しを受けて輝きました。


a0379133_08594787.jpg



a0379133_09004608.jpg


とても立派なお宅です。ちょうど七五三の晴れ着姿の女の子が出て来て、
ご家族で、近所の神社にお参りに行かれました。ほのぼのするとってもいい出逢いでした。


a0379133_09000412.jpg


蔵のあるお宅が多いです。風情がありますね。


a0379133_08595244.jpg

たぶん、この神社にお参りに行かれたのではと思います。


a0379133_09010648.jpg


鳥居の傍には立派なご神木が2本、苔生して聳えていました。


a0379133_09011083.jpg


道路の端の小菊が色鮮やかでした。

a0379133_09011507.jpg


クサギの実が川面に揺れて綺麗です。

a0379133_09013099.jpg


大きな柿の木のあるお宅


a0379133_09015614.jpg

柿の葉、一枚 いい色だね~!


a0379133_09020458.jpg


いくつもの堰がある川でした。魚たちは遡上できないよね?


a0379133_09023038.jpg



わたしたちは、のんびりお話ししながら歩きます。
小さな橋で川を渡ったので、また影遊びをしました(^^)
ちなみに、一番左端の片手をあげているのが、カメラ片手のわたしです^_^;



a0379133_09024335.jpg


ウルシの葉は真っ先に緋色に。


a0379133_09030363.jpg


舗装道路だけれど、車もめったに通らない静かな道でした。
通りかかったおばあちゃんと世間話をしたり、車で通りかかた山仕事の人が神戸岩に行くと聞いて
檜原村のパンフレットをくださったりと地元の方がみなさん、ほっこり温かくて良い人ばかりです。
のんびり、のんびり、良い道中でした!(^^)!




a0379133_09025185.jpg

ユウガギクかな?


a0379133_09031560.jpg


四季咲きの薔薇が、青空に映えて美しいです。


a0379133_09032833.jpg

咲き残ったダリヤも、やはり美しいです。


a0379133_09042239.jpg


とても大きな古民家がありました。屋根裏部屋がある感じが、たぶん養蚕農家さんだったのでしょうね。
入り口には大きな岩があり、植木も良く手入れされていて立派です。


a0379133_09034587.jpg


山を背に、絵になる感じですね。


a0379133_09041608.jpg


あちこちに小さな水路があり、水が豊富な事を物語っています。


a0379133_09044045.jpg


山の神さまがお祭りされていました。



a0379133_09045173.jpg


この辺りから民家が無くなり、道は杉林へと向かって行きます。



a0379133_09044662.jpg


目が覚めるほど鮮やかに黄葉したトキノキがありました。



a0379133_09045647.jpg


a0379133_09052030.jpg

森の中から、次々と湧水が出て来るようです。



a0379133_09053647.jpg


湧水が集まって大きな流れになっています。


a0379133_09054130.jpg


草生した森の中を流れる感じがいいなぁ~♪


a0379133_09060219.jpg


日光の杉並木みたいだなぁと思ったり…


a0379133_09062141.jpg

ハナウド(たぶん)の花が咲いていました。


a0379133_09061723.jpg

昨夜の雨が残っています。水たまりを撮るのが好きなわたしです。


a0379133_09062674.jpg

この堰の脇で、伐採作業が行われていました。ちょうど通りかかった時、
大きな音を立てて、樹が切り倒されました。
若い林業男子に混じって、かわいいらしい林業女子もいました。
『おはようございます!!』さわやかな笑顔で挨拶してくれて嬉しかったです。


a0379133_09063846.jpg


9月に下見に来た時に見つけたカツラの巨樹が色づき始めていました。


a0379133_09070928.jpg

『あっ!!お醤油の匂いがするね!!』 『カツラの匂いだわ!!』 『いい匂い~♪』
みなさん、ハナネコ女子会で何度も、カツラの樹に出逢っているので、
カツラの樹が、秋になるとお醤油のような香りを放つことを知っているんです。


a0379133_09082507.jpg


かなり大きな木で巨樹に分類されると思います。樹高も高くて広角でも収まりきれません。



a0379133_09085972.jpg


川に降りて仰ぎ見ます。りぱな根っこですよね。主幹も元気いっぱいです。



a0379133_09101594.jpg

根っこですらこの太さです。人と比べるとその大きさが判りますよね。


a0379133_09102175.jpg


河原に散った葉っぱ、今年はやはりあまり色づきが良くないようですね。

a0379133_09110060.jpg


a0379133_09112914.jpg



カツラの葉っぱとケヤキの葉っぱ


a0379133_09113341.jpg

おくちゃんと、せっつさんは、橋の上から眺めていました。


a0379133_09105380.jpg


苔生した根っこ


a0379133_09114852.jpg


そこに、いいろんな植物が芽生えていました。天然の苔玉みたいですね。


a0379133_09115105.jpg

巨樹の真上から太陽の光が降り注ぎました。神々しかったのですが上手く写せませんでした。
下にいるあっこさんと比べると、カツラの巨樹のその大きさが判りますよね。


a0379133_09115771.jpg


このカツラは、巨樹として脚光を浴びてはいない無名の樹のようですが、
これだけの美しくて立派な樹はなかなかないのではないでしょうか?



a0379133_09120815.jpg


川に降りる石段


a0379133_09121198.jpg


流れに浮かぶカツラとケヤキの葉っぱ


a0379133_09122608.jpg


天然のオブジェですね。何だかツタの葉の瑞々しさに魅かれました。



a0379133_09123101.jpg


色づき始めた樹が逆光で美しく輝き始めるのでした。
何の木でしょう?ミツバカエデで良いかしら?


a0379133_09131218.jpg

川床にも光が届き、水の美しさが際立ちます。


a0379133_09132980.jpg

逆光が本当に美しいです。そして、良く見ると、この樹に垂れ下がっている藻のようなもの。
高山のサルオガセに似ていますが、サルオガセは1000m以上の高山に生息する地衣類です。
低山で見かけるのは別種だと聞いたことがあり調べてみました。
キヨスミイトゴケ(ハイヒモゴケ科)高尾山など関東の低山にも多くみられます。
山梨の清澄山で見つけられたので、その名前を冠して名付けられたそうです。
空気中の水分と光合成だけで成長する苔の仲間です。


a0379133_09133522.jpg


葉っぱの影模様が面白いですね。


a0379133_09133841.jpg

行く手に、まずは神戸岩の右側の岩峰が見えてきました。


a0379133_09170448.jpg

次のカーブを曲がると今度は左側の岩峰が聳えています。このそそり立つ岩戸のような大岩壁は
右側が高さ約100m、上部の幅が約40m、左側は高さが約80m、上部の幅は約80mあるそうです。

岩壁の奥行きは約60m、上部の岩戸の幅は約16m、谷底は4mで岩根は一続きです
神戸岩の岩質は、非常に硬いチャート〈火打石)層であり、川水や雨水による浸食にも耐え今見られる狭い谷を作り、屹立した岩壁を残したのです。(檜原村のパンフレットより)


a0379133_09172545.jpg

赤井川は上流となってだんだん狭まり、岩の間を縫う流れとなり渓谷の様相を見せてきました。


a0379133_09173095.jpg


そこにイロハモミジが枝葉を広げています。
まだ色づいていませんが、緋色に燃える頃は更に美しいことと思います。


a0379133_09173558.jpg


苔生す大岩が累々として美しい景観です。


a0379133_09174149.jpg

神戸岩の全貌が見えました!!聳え立つ岩峰の上には木々も繁り、迫力ある光景です。
神戸岩の名前の謂れは、諸説あるようですが、その中でも有力な説があります。

川の下手からみると戸岩(岩戸=岩の扉)が半ば開きかけたように感じられ、その延長線上には
大嶽神社(大岳山頂の神社)があるため、ここを神域への出入り口と見立て、
神域の戸岩=神戸岩となったと言われています。(檜原村のパンフレットより)



a0379133_09175998.jpg
 



『なるほどね~』『なんだか空気が変わった気がする』
『やっぱり神様の領域に入ったって事かしらね?』
とみなさんが言いましたが、確かにそんな雰囲気です。
しかも、土曜日だと言うのに、わたしたちだけしかいません。



a0379133_09182053.jpg




振り返れば後ろの山並みは柔らかくかすんで見えました。



a0379133_09184684.jpg


この切り立って聳える二つの岩峰は、下部は繋がっていて実は一つの大岩峰だったのです。



a0379133_09185102.jpg


これから神戸岩の深淵に入って行きます。
まず、一本橋を渡り、小滝の横の岩に架けられたハシゴを登ります。」


a0379133_09185941.jpg


『え~!!凄い!!迫力あるね~♪』
『怖そうに見えるけれど、距離はそんなに長くないですよ。
 鎖も付いているし、足場もしっかりしていますから、慎重に行けば大丈夫ですよ。』

みなさん、もちろん、プチ冒険をする気満々です。


a0379133_09192960.jpg

『ハナネコ女子会冒険部、いざ、神様の通り道に突入ですよ~!!』
『エイ・エイ・オー!!!』という図です(笑)


a0379133_09193662.jpg


最初のハシゴを登りきると、段差を乗り越える場所があって、ここがちょっと怖く感じるかも。


a0379133_09212420.jpg


でも、ここを乗り越えればこんな景観が広がります。この下に先ほどの小滝があります。
そして、ここから岩壁に刻まれた細い道が始まり、岩壁には鎖が付けられています。


a0379133_09201483.jpg


『鎖はお守りと思ってくださいネ、あまり頼ってしまうと体が振られ危険ですからね。
 でも鎖を繋ぐ鉄の輪っかの部分は、しっかり岩に付いてるので頼っても大丈夫です。』
みなさん、注意をしっかり守ってくれてます。



a0379133_09201886.jpg




狭まった峡谷の底は、透き通った美しい流れです。
『わぁ~♪綺麗~♪』皆さん喜んでくださいます。


a0379133_09210063.jpg



『透き通って底まで見える!』 「ここまで来ないと出逢えない景色だわ!』


a0379133_09212843.jpg




道は結構高い所についているので、ちょっと迫力あります。
こんな道をみなさん頑張って付いて来てくれました。


a0379133_09224336.jpg




行く手の出口が見えてきましたよ。


a0379133_09230752.jpg




振り返ると入ってきた入り口が見えます。
光に照らし出された流れが素晴らしく美しいです。


a0379133_09232189.jpg




a0379133_09235081.jpg


a0379133_09235638.jpg





温かそうな暖色


a0379133_09242147.jpg




そして行く手はブルーの世界です。


a0379133_09242516.jpg





狭まったV字峡谷を流れる水流
そして岩壁にはおびただしいイワタバコの葉が繁る。



a0379133_09245269.jpg




もし、出口の楓が色づいていたらどんな景観だろう。



a0379133_09245827.jpg




a0379133_09254543.jpg


a0379133_09255075.jpg

a0379133_09263451.jpg




みなさん、がんばりました。


a0379133_09302283.jpg


a0379133_09311834.jpg




出口の小滝の上です。滝を覗く事が出来ます。


a0379133_09312545.jpg


a0379133_09313045.jpg



来た道を振り返ります。みなさんの感想はこんな感じです。
『あんな細い道を歩いて来たのね!!』 『すごくいい経験が出来たわ!!』


a0379133_09320319.jpg




神戸岩の上流部を少し眺めて戻ります。


a0379133_09320937.jpg


a0379133_09322288.jpg



a0379133_09324528.jpg


さて、どんな道を戻るかと言うと、電気も付いていない真っ暗な隧道を歩きます。
ほんの短い区間ですが、天気が悪いと真っ暗で怖いです。今日は天気になってほんと良かったです。


a0379133_09330783.jpg



隧道を抜けると、入り口の最初の小滝の所に出ます。



a0379133_09334741.jpg




神戸岩から下の流れも迫力ありますね。


a0379133_09335160.jpg


神さまの通り道、本当に不思議な岩でした。



a0379133_09342162.jpg




a0379133_09344421.jpg




まだまだ青いイロハモミジの下を通り来た道を帰ります。



a0379133_09345258.jpg


a0379133_09351561.jpg



逆光の木々の葉がとても綺麗でした。


a0379133_09352659.jpg


a0379133_09353135.jpg


a0379133_09353859.jpg


a0379133_09360026.jpg




楽しそうにおしゃべりしながら帰路に付きます。


a0379133_09360637.jpg




サワガニがいました。


a0379133_09362028.jpg




また、一匹出てきました。みなさん、大喜び❤


a0379133_09362380.jpg




a0379133_09363661.jpg



カツラの巨樹の根元にある橋


a0379133_09370241.jpg




杉木立の道を歩きます。しんしんと何故か清らかな空気感


a0379133_09370902.jpg



やっぱり好きだな、森の中の小さな流れ


a0379133_09372773.jpg



クモの巣が七色で綺麗でした。



a0379133_09373258.jpg



みんな、覗きこんでなにしてるの?


a0379133_09374133.jpg




柚子もたわわ


a0379133_09374574.jpg



堰の流れもなんて美しいのでしょう



a0379133_09380393.jpg



a0379133_09380648.jpg



集落に降りて来ました。


a0379133_09381534.jpg



ドウダンツツジの緋色


a0379133_09382120.jpg


シュウメイギク、散り敷いて


a0379133_09383606.jpg




10月桜、美しいです



a0379133_09383995.jpg




『瑠璃色の実だね。』って、誰かが言ってました。



a0379133_09385772.jpg



さぁ、お腹がすきました。今日のランチはこのお店です。



a0379133_09391404.jpg




今年4月にOPENしたばかりだそうです。綺麗なお店です。


a0379133_09392189.jpg




わたしたちは、オープンデッキでいただきました。



a0379133_09392672.jpg




山ごはんランチ、一日10食だけとの事で、行に予約していきました~♪


a0379133_09393701.jpg



とっても、美味しくて大満足でした。



a0379133_09394192.jpg




『何だか行よりも紅葉が濃くなったみたいね!!』  『気のせい?』


a0379133_09400208.jpg



そんな事を楽しくおしゃべりしつつ、仲よく並んだ4人の背中が素敵でした。
みなさん、遠いところ集まってくださってありがとうございました。
また、ハナネコ女子会の思い出が一つ増えましたね。


a0379133_09403381.jpg


Commented by モナリザ スマイル at 2018-11-12 14:18 x
こんにちは、モナスマです。先日、スマホから読ませて頂いたのですが、再度パソコンから拝読。
やはり写真の迫力が違いますね。いつになくスリル溢れる行程、それでもハナネコ女子は勇気リンリンだったのね。読んでいる私の方がドキドキしちゃいました(笑)
水と岩と緑。渓谷の醍醐味ですね。遊び心を楽しみつつ、美味しいランチ、皆さんの満足感が伝わってきました。記事UPありがとうございました(*^_^*)
Commented by kazetatinu-h at 2018-11-14 22:30
> モナリザ スマイルさん
モナスマさん、こんばんわ(*^_^*)
ご覧頂き丁寧なコメントをありがとうございます。
ちょっと大げさに書いていますけれど、みなさん勇敢でしたよ(^^)
意外とスリルがあるので、高所恐怖症の人には無理かもしれない道です。
本当はハナネコ女子会全員で行きたかったのですが残念でした。
行けなかった方たちのためにと思っていたのですが、なかなか第2弾も決まらずすみません。
もう少しお待ちくださいネ(^^)v
Commented by toraneko-nyao at 2018-11-22 12:19
とらねこです。
いい所ですね~ そして、sizukuさんの写真がそれを伝えてくれます。
行ったらさらに素敵なところなんだろうな~
水たまりの写真、くっきり景色が写っていて写真の撮り方も教わりたいぐらい。
よく見かけるぶらさっがっているのはキヨスミイトゴケっていうんですね~
天然の苔玉!自然にはかなわない。
それにしても、岩とあったから、御岳山の感覚で、読み進めてましたが
最後は鎖場、岩場の行程でなんだか、映画の「インディージョーンズ」
みたいって思っちゃいました(笑)
でも、ハナネコ女子会だけあって、こんな難所⁉もものともせず、
慎重にかつ楽しんでますね~ 
次は行けたらいいなぁ
Commented by kazetatinu-h at 2018-12-29 14:16
とらねこさん、返信まだでしたね。ごめんなさい<m(__)m>
そんなに高さは無いですが、落ちたら怪我をしそうな道ですね。
でも小学生でも行けるので、気を付けて歩けばだれでも歩けます。
新緑の頃も美しいので、ぜひ。また遊びにお越しくださいネ
お気軽アドベンチャーコースにご案内いたしますよ(*^_^*)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kazetatinu-h | 2018-11-07 00:08 | 女子会 | Comments(4)

草紅葉が色づき始めたある日、湿原の奥の小さな木のベンチに風が座っていました。遠い日の記憶を呼び覚まして…


by sizuku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30